社員メッセージ

岡本さん 営業として、「信頼関係」を築き上げる
プロフィール

  名前: 岡本 千春さん
  所属: 九州支店 九州営業第二G
  職種: パブリックリモデル営業
社員歴: 5年

現在の仕事

小さなことの積み重ねが、信頼の獲得につながる。

現在は私は、オフィスや商業施設や学校などといった建物のお施主様に対して、トイレやお風呂の改修工事のご提案をさせていただく営業活動を行っています。飛び込み営業をすることもありますが、基本的には既存顧客からの引き合いが大半です。私が担当しているお客様は、九州各県にいくつものホテルや施設をお持ちのお客様ですので、継続的にお付き合いさせていただくなかで「次はここをやりましょう」とご提案させていただいています。ですから、関係が途切れることのないように、頻繁に足を運んでおります。
お客様から受注いただくためには、金額も重要ですし、商材やプランニングを含めたTOTOエンジニアリングの価値をどれだけお伝えできるかも重要ですが、お客様との間に人間関係を構築することも重要だと思います。お客様から信頼していただき、「担当者が好きだから」という理由で発注していただけたら、営業冥利に尽きますよね。そのために、つねに心がけていることは、どんなに小さいことでも、面倒くさがらずにきちんと対応することです。例えば、お客様がご自宅で使用しているトイレの部品に不具合があって困っていらっしゃる時でも、仕事とは関係のないからといって手を抜くのではなく、きちんと対応する。その積み重ねが、お客様からの信頼を得ることにつながるのだと思います。そうした積み重ねから、大きな仕事に繋がったということも実際に何件かあります。
工事会社というと男性というイメージがありますから、入社したての頃は女性ということで苦労したこともありました。ですが、女性ということでお客様に可愛がっていただけることもありますし、最近では特にトイレを改修する場合に、女性の意見を大切にされるお客様も増えてきましたので、女性だからということで苦労する事も少なくなりました。

思い出の仕事・仕事の流儀

よい連携が取れてこそ、よい提案ができる。

競合なしに物件を受注できるということは、まずありません。人間関係は重要な要素ではありますが、それは最低限必要で、物件が受注できるかは、金額や仕様、プランニングに掛かってきます。ですから、まずはお客様の要望のヒアリングと現場調査を行い、設計など様々な部署と連携を取りながらお客様にアプローチしていくことになります。
ただ、九州支店は東京の設計Gに図面を依頼することになるのですが、距離が離れていることもあって、密な連携を取れないため、コミュニケーションにはかなり注意を払っていますね。例えば、形式的に書類を回すだけでなく、電話での直接やり取りを通じて、詳細な依頼内容をお伝えし、お互いに漏れが生じてしまわないようメールでもきちんと残すようにしています。
連携を取るのは社内だけではありません。TOTO本体やお風呂をつくっているTOTOバスクリエイト(TBC)の担当者さんとも連携をとりながら進めていきます。こうした連携が上手くいって受注できたのが、長崎にあるホテルのユニットバスのリフレッシュ改修工事ですね。その時は、ほとんどユニットバスの知識がなかったので、社内の設計担当や工事担当だけでなく、TOTOやTBCの担当者さんにも、色々とサポートしていただきました。実はその時の提案では、厳しいということもあって、TOTOやTBCの力をお借りして、実際のバスルームと同様のモデルルームをTOTOの小倉工場につくってしまったんですよ。お客様にも工場までいらしていただいて、実際にご覧いただいたのですが、そのインパクトが大きかったようで、なんとか受注することができました。
その時は皆さんに助けられて何とかなりましたが、連携を上手く取るためには、営業といえどもある程度は現場や設計のことを分かっている必要があります。現在は時間がある時に工事担当について現場を見てまわり、色々と勉強をしているところです。

やりがい・今後の目標

お客様と「一緒につくり上げる」のが、工事。

ユニットバスの成功事例の時もですが、受注できたときはとても嬉しく思います。しかし、工事では受注するまでが仕事ではなく、引き渡しを終えるまでが仕事なので、工事担当や設計担当や職人さんたちと協力しながら、お客様のご要望を実現するという同じひとつの目標に向かって工事を進めていき、最終的にお客様に満足していただけた時が何よりも嬉しいですね。
工事は私たちだけでつくるものではないと思っています。私たちが提案させていただいた床に貼るタイルひとつにしてみても、お客様から見ればご自身で選ばれたものになるわけですよね。完成時に「これ、俺が選んだんだよ」というお客様のご満悦の様子を見ていると、お客様と一緒につくり上げたんだなと思えて、とても感慨深い気持ちになります。そんな、お客様と一緒になって進めていく仕事って、本当に面白いですよね。とてもやりがいを感じます。
今後もお客様と共に、お客様の思いが込められたものをつくって行きたいと思っております。もしかすると本当の信頼って、お客様の思いが実現できたときに得られるものなのかもしれませんね。
本当の信頼を得ていくためにも、もっともっと色々なことを学んでいかなくてはならないと思っています。建築や設備についての知識もそうですし、法律や現場の知識も今以上に身につけていきたいです。知識がなければ、お客様のご要望にもお応えできませんからね。色々なことを吸収して、視野を広げていく。そして、ご期待にそえるものを納めていく。それが今後の目標です。

就職希望者へメッセージ

知恵と工夫の結集が、「よいもの」を生み出す。

工事の仕事は、一人ではできません。さまざまな部署の人たちや職人さん、お客様などの知恵と工夫が集まったときにはじめて、よいものが生まれます。そんな、1+1が2ではなく、10にも100にもなる、とても面白い仕事です。
そして、TOTOエンジニアリングには面白く、個性的な方がたくさんいます。職場はとても楽しい雰囲気ですし、どんな人であっても拒むことはありません。現在は女性の目線も求められていますので、女性でも活躍できる職場です。きっと、得るものがたくさんある仕事だと思います。
面白いことをやってみたい方や面白いことにチャレンジしてみたい方は、ぜひ一緒に働きましょう。
そして、いっしょにいいものをつくって行きましょう。

社員の一日

8:40 出社 繁忙期は現場に直行することも多いのですが、今朝は事務所に出社です。 8:50 業務開始 11時からお客様との約束があるので、それまでに発注作業や内務をすませます。 11:00 打ち合わせ ホテルのお客様の場合、チェックアウトからチェックインまでの時間がご都合が良いので、だいたい11時から14時の間に打ち合わせを行います。 12:00 ランチ 打ち合わせが終わったので、移動の途中で昼食を取ります。午後は別のお客様の現場調査です。 13:00 現場調査&営業 設計の方に引き継ぎできるように、しっかりと現場調査を行います。現調がすんだら、お客様まわりの営業をします。 16:30 帰社 午前中に終わらなかった内務の続きをします。 19:00 帰宅 内務も終わったので、今日は帰宅します。お疲れさまでした。